NISA

「つみたてNISA」で利用すべき銘柄はこの3つ

「NISA」と「つみたてNISA」を比べると、1年に120万円以上の資金が用意できるならNISAで決まりです。「つみたてNISA」を利用すべき人といえば、年当たりの投資額が40万円以下に必ず抑えられて、かつ、その投資額を20年維持できる人ということ。そんなつみたていNISAで利用すべき銘柄を見ていきましょう。
NISA

「NISA」と「つみたてNISA」選ぶならNISA一択

「NISA」と「つみたてNISA」は併用することができず、どちらか一方を選ばなければなりません。結論からいうと、つみたてNISAはやめておいたほうがよいでしょう。まずはNISAとつみたてNISAの仕組みについて確認するとともに、つみたてNISAをおすすめできない理由について見ていきましょう。
NISA

NISAの枠「120万円を5年間」はどういう意味?

今、いちばん身近な投資といえば「NISA」でしょう。NISAは2014年から始まった少額投資非課税制度といい、投資で得た利益に対する課税が非課税になります。NISAは「年120万円までの投資枠」で得られた利益が非課税になる制度です。「NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」の3種類があります。
投資信託

投資信託は証券会社ランキングで買うと失敗する

証券会社が投資信託の売れ筋を紹介するときに必ず表示するのがランキングです。この証券会社の投資信託ランキングどおりにファンドを購入するだけで投資に失敗する確率が高くなります。売れ筋=よいファンドとは必ずしも言い切れないからです。証券会社の投資信託ランキングの裏事情を見ていきましょう。
投資信託

「J-REIT」への投資は慎重にすべき理由とは?

不動産バブルで地価が上昇し続けているので、J-REITなどの不動産に投資する投資信託に投資すれば安定的に分配金を得つつ、大きな利益が得られるのではないかと考えていませんか。賛否両論ありますが、J-REITはそろそろ上げ止まるだろうという予想も出ています。J-REITの仕組みを詳しく見ていきましょう。
投資信託

投資信託でリスクを取るブルベアファンドとは?

投資信託を使ってできるだけリスクを取り高いリターンを目標にしたいと思うなら、ブルベアファンドを検討するのも手。ブルベアファンドはそもそも値動きが大きくなるように設計されており、リスクがかなり高く、その分リターンが期待できます。投資信託でリスクの高いブルベアファンドを見ていきましょう。
投資信託

投資信託でリスクを取って攻めるなら新興国株式

投資信託を使ってできるだけリスクを取り高いリターンを目標にしたいと思うなら、新興国株式インデックスに投資してみましょう。新興国は成長が期待できる一方、インフラなどが未発達であるため、経済状況の上下が激しくなります。したがってリスクが大きくリターンが大きい部類の投資信託です。
投資信託

投資信託を銀行窓口で購入してはいけない理由

定期預金の申し込みや住宅ローンの相談で銀行の窓口をよく訪れていると、投資信託の購入をすすめられることがありますが、絶対に応じないでください。投資信託はネット証券で買うべきなのです。投資信託を銀行窓口で購入してはいけない理由を詳しく見ていきましょう。
投資信託

投資信託の積み立ては8日か14日に買い付け設定

投資初心者がよくすすめられる「投資信託の積み立て」です。投資信託の積み立てで毎月一定額を引き落とすようにしておけば、投資に関するストレスがかかりません。それでいて、自然と金額が膨らんでいるのが投資信託の積み立てのメリット。そんな投資信託の積み立ての買い付けは月末でなく月中が正解です。
投資信託

投資信託の選び方で押さえるべきチェック項目

投資信託で大切なのは投資国と投資対象、それらの構成比率=ポートフォリオです。では実際にファンドを探すにはどうしたらよいでしょうか。銀行の窓口で相談するのではなく、ネット証券のスクリーニング機能を使って効率的に探しましょう。投資信託の選び方で...