NISAの枠「120万円を5年間」はどういう意味?

NISAの枠「120万円を5年間」はどういう意味? NISA

今、いちばん身近な投資といえば「NISA」でしょう。NISAは2014年から始まった少額投資非課税制度といい、投資で得た利益に対する課税が非課税になります。NISAは「年120万円までの投資枠」で得られた利益が非課税になる制度です。「NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」の3種類があります。

NISA/つみたてNISA/ジュニアNISAの違い

ジュニアNISA つみたてNISA NISA
対象者 日本在住の0歳~19歳 日本在住の20歳以上 日本在住の20歳以上
年あたりの非課税枠 80万円 40万円 120万円
非課税期間 5年間 20年間 5年間
対象期間(口座開設年) 2016年~2023年 2018年~2037年 2014年~2023年
対象商品 株・投資信託・ETF・REIT 特定の投資信託 株・投資信託・ETF・REIT
購入方法 非課税枠の中で自由に購入 定時定額で購入 非課税枠の中で自由に購入
払い出し制限 18歳まで払い出し不可 なし なし
ロールオーバー 不可

NISAの枠は120万円を年間使える

NISAは所得税が課税されないお得な制度。課税される口座だと、利益に対して20.315%の所得税が課税されます。非課税の期間は5年間継続でき、5年後に「ロールオーバー」といって、次の枠に繰り延べることが可能。なお、配当金は「株式数比例配分方式」で受けとらないと課税されます。

NISAの枠が「120万円を5年間使える」というのがどうもよく理解できない人もいるかもしれません。2018年にNISA口座を開設したらその年は120万円まで買い付けが可能。以降はその枠では2022年の5年間、売却のみができます。

そして、2019年には再び120万円まで買い付けできる新しい枠が設定可能。2023年までの5年間、売却のみできます。こうして、2018年から2022年まで120万円×5の600万円分の投資で得られた利益が非課税になるのです。2023年になると、2018年の枠はなくなるため、結果的に投資枠は最大で600万円とやります。

また、2016年から使い始めたNISA口座は5年間で1回の期間が終了します。ただし2023年まで制度は続くので、5年後の2021年に新しく枠を設定して切り替えることができます。

NISAの枠は株を売っても回復しない

5年目が終わったNISA口座の枠から次の枠に移すことをロールオーバーといいます。ロールオーバーは120万円を越えても全額可能です。一方、ロールオーバーしないと、課税口座行きになってしまいます。なお、120万円の株を買って、その年のうちに株を売っても枠は回復しません。

NISAの特徴を改めて整理しておくと、非課税の対象は毎年120万円の投資まで。5年で合わせて600万円までです。非課税枠を再利用することはできません。投資から得られた利益に発生する所得税20.315%が非課税になります。NISAの制度は2023年まで設定できるので、2023年に設定すれば2027年まで非課税枠が使えます。

また、NISAには「つみたてNISA」という毎年40万円の枠が20年間非課税になる制度や、「ジュニアNISA」という19歳以下の子ども専用の制度もあります。どのような違いがあるかも知っておきましょう。

ジュニアNISAの特徴は、年あたりの枠は80万円で19歳以下の人しか設定できません。口座開設は2023年まで。18歳までは払い出し制限があります。

つみたてNISAはNISA制度と基本的な仕組みは同じで、1年あたりの枠が40万円で20年まで使えます。また、積立買い付けに限定されます。