NISA口座の開設なら取引手数料が無料の証券会社

NISA口座の開設なら取引手数料が無料の証券会社 NISA

NISA口座の開設を検討しているなら、まずネット証券での開設を第一候補にしてみてください。ネット証券の中では、NISAでIPOを狙うかどうかで、楽天証券が検討対象に入るかどうかが決まります。楽天証券はIPOに対応していません。さっそく、証券会社ごとのNISA口座の特徴を見ていきましょう。

NISA口座開設の証券会社ランキング

ネット証券、大手証券問わずNISA口座での取引内容を表で整理しました。国内株の売買手数料がネット証券だと無料なので、やはりネット証券のパフォーマンスがずば抜けて高いです。

SBI 楽天 マネックス カブドットコム 松井 GMOクリック 岡三オンライン SMBC日興 みずほ 野村
国内株
国内株売買手数料 無料 無料 無料 買付のみ無料 無料 無料 有料 有料 有料 有料
ETF
REIT
IPO利用 可能 不可 可能 可能 可能 可能 可能 可能 可能 可能
外国株 米国、香港、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア 米国、中国、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア 米国、中国 なし なし なし なし なし 米国、中国、オーストラリア、イギリス、ドイツ、フランス なし
外国株売買手数料 有料※ 有料 買付のみ無料 有料
投資信託
スマホ取引 可能 可能 可能(ブラウザのみ) 可能 可能(アプリのみ) 不可 可能 可能 可能(ブラウザのみ) 可能

※国によっては無料のこともあります。

どの証券会社も取り扱う商品は、外国株以外では大差はありませんが、売買手数料やスマホ取引の対応有無などが異なっています。

これからNISA口座を開設しようとしているなら、証券会社ランキング1位となるのが総合的に評価が高い「SBI証券」。2位の「楽天証券」もIPO取引ができない以外は同じくらい評価が高くなります。3位は「マネックス証券」です。

NISA口座を開設する証券会社ベスト3

NISA口座を開設する証券会社ベスト1のSBI証券はIPOも利用できて、外国株への対応幅が広いのがポイント。外国株は米国、香港、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアに対応。当然、売買手数料は無料で、投資信託の取り扱い本数も多いです。

また、初心者だと外国株に投資する可能性は極めて低いと思いますが、SBI証券が一番多くの外国株に対応しており、投資信託の取り扱い本数も多くなっています。

もしどの証券会社にしようか決められずにいたら、とりあえずSBI証券で開設してしまってもよいでしょう。SBI証券本体の証券口座を持っていないなら、この機会にNISAと一緒に開設してみてもよいかもしれません。

NISA口座を開設する証券会社ベスト2の楽天証券は、IPOこそ利用できないものの、SBIに負けず劣らず、楽天証券はおすすめできます。外国株は米国、中国、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアに対応。説明コンテンツの図解がわかりやすいこともポイントです。

NISA口座を開設する証券会社ベスト3のマネックス証券は、課税口座とNISA口座が取引画面ごとに分けられているので、資金の管理やポートフォリオの管理がしやすいことがメリット。外国株は米国、中国に対応しています。もし米国株と中国株への投資を検討するなら、買付手数料が無料のマネックスも悪くありません。

NISA口座開設に銀行はメリットなし

NISA口座は銀行でも開設できますが、絶対におすすめできません。その理由は大きく3つあります。1つはそもそも商品のラインナップが少ないこと、もう1つは取扱のある投資信託の銘柄数が少ないこと、3つめは預金はNISAの対象にならないことです。

まず取り扱いのある商品のラインナップが多くありません。当然、株やETF、REITの売買はできません。それに、投資信託に投資しようとしても、そもそもの扱い本数が少ないのです。

預金は円預金も外貨預金もNISA対象外ですし、何一つメリットが見当たりません。銀行でNISA口座を開設しているなら一刻も早く乗り換えましょう。