IPOの当選確率をアップさせる裏ワザとは?

IPOの当選確率をアップさせる裏ワザとは? 株式投資

「IPO」とは企業が発行している株が新たに証券取引所で売買できるようになることをいいます。いわゆる「新規公開株」です。IPO株を手に入れれば必ず儲かるという話を聞いたことがあるはず。IPOは購入希望者が殺到するので抽選となる場合がほとんどです。IPOの当選確率をアップさせる裏ワザを紹介しましょう。

IPOに当選確率をアップする裏ワザ

IPO株を手に入れても、必ず儲かるというわけではありません。なぜかというと、IPOは主幹事証券会社という仕切り役みたいな証券会社が、株価を計算します。その株価よりも少し割引された価格で購入できるので、結果的に安く購入でき、利益が出やすくなります。

IPO株は安く購入できる確率が高くて利益が得やすいことに間違いはないので積極的に利用すべきですが、購入希望者が殺到するもの。抽選購入となってしまいます。このため、当選確率をアップする裏ワザが重要になるのです。

そもそもIPO株とは何なのでしょう。企業が成長して、収益などの一定条件を満たすと証券取引所で株を売買できるようになります。そのために売買可能にすること、つまり取引所に株を上場することをIPOといいます。

IPOが行われる場合は、証券会社がいったん企業から株を引き受けて投資家に販売します。したがって、広義のIPOはこの投資家に販売されることまでを表すことが多いです。

IPOで当選確率をアップするポイント

上場が決まると、幹事証券会社がその企業の株をいったん引き受けます。その後、販売価格を決定し、その価格で投資家に売り渡します。上場日にはすでに投資家が株を手にできていることになります。

IPO株を取引するからには少しでも当選確率を上げてその株を手にしたいものです。応募するときにどのような点に気を付ければよいか整理しておきましょう。

IPOで当選確率をアップするポイント1つめは「複数の証券会社で申し込む」こと。IPOの当選確率を上げるためには引き受けを行う、すべての証券会社で申し込みましょう。

IPOで当選確率をアップするポイント2つめは「主幹事証券会社での申し込みは必須」ということ。引受を行う証券会社の中でも主幹事証券会社での申し込みは必須です。主幹事証券会社は、IPO目論見書などに記載されています。

IPOで当選確率をアップするポイント3つめは「抽選ルールを把握する」こと。証券会社によって抽選ルールはさまざまです。完全公平に抽選する証券会社もあれば、ポイントがたまっている人に優先的に割り当てを行う証券会社もあります。