iDeCo

iDeCo

iDeCoを運用するときに注意すべきポイント4つ

自分だけの年金が作れるiDeCoですが、節税メリットだけに目を向けてしまうと痛い目に遭います。基本的な注意点として、口座は一人一口座しか作れず、申し込みをしたら、すぐに拠出を始めなければならないなどの制約があります。iDeCoを運用するとき...
iDeCo

iDeCoで手数料を比較する時のチェックポイント

iDeCo(個人型確定拠出年金)の口座をどの金融機関で開設するか考えるとき、一番のチェックポイントはサポート体制です。70代〜80代になるまで付き合う必要がある一方、確定給付年金と異なり、民間の金融機関との取引になるからです。iDeCo口座を開設するときの手数料比較のポイントを見ていきましょう。
iDeCo

iDeCoの魅力は3つのシーンで節税できること

iDeCoは個人型の確定拠出年金のこと。iDeCoは自分で積み立てる金額と投資する商品を決めることになります。そこで、iDeCoにはどのようなポイントがあるか理解しておきましょう。iDeCoには重要なポイントは4つありますが、一言でいうと節税しながら自分用の年金が作れる制度です。
iDeCo

iDeCoは年金と違って開始年齢が遅れたりしない

老後に必要なお金をできるだけ用意したいと考えたとき、株式や投資信託などの金融商品を持っておくのも一つの手。一方で、節税しながら自分専用の年金資産を作れる制度を使ってみることも大切です。「iDeCo」とはまさにそのような制度。iDeCoを始める前に知っておきたい基礎知識を紹介しましょう。