iDeCo

iDeCoで手数料を比較する時のチェックポイント

iDeCo(個人型確定拠出年金)の口座をどの金融機関で開設するか考えるとき、一番のチェックポイントはサポート体制です。70代〜80代になるまで付き合う必要がある一方、確定給付年金と異なり、民間の金融機関との取引になるからです。iDeCo口座を開設するときの手数料比較のポイントを見ていきましょう。
iDeCo

iDeCoの魅力は3つのシーンで節税できること

iDeCoは個人型の確定拠出年金のこと。iDeCoは自分で積み立てる金額と投資する商品を決めることになります。そこで、iDeCoにはどのようなポイントがあるか理解しておきましょう。iDeCoには重要なポイントは4つありますが、一言でいうと節税しながら自分用の年金が作れる制度です。
iDeCo

iDeCoは年金と違って開始年齢が遅れたりしない

老後に必要なお金をできるだけ用意したいと考えたとき、株式や投資信託などの金融商品を持っておくのも一つの手。一方で、節税しながら自分専用の年金資産を作れる制度を使ってみることも大切です。「iDeCo」とはまさにそのような制度。iDeCoを始める前に知っておきたい基礎知識を紹介しましょう。
NISA

学資保険おすすめは返戻率が高い「ソニー生命」

学資保険は保険会社が提供する積立型の保険商品。親に万が一のことがあれば、払込が免除になる仕組みがあります。18歳になるまで引き出せないジュニアNISAに投資するより先に、まずは学資保険で教育資金を貯めることが最優先です。そんな学資保険は3タイプから選べて返戻率が高いソニー生命がおすすめです。
NISA

ジュニアNISAは使わなきゃ損だが優先順位に注意

ジュニアNISAは子どもの教育費を資産運用で作るのが目的です。年間80万円の枠は実は大きく、月額換算で約66,000円にもなります。2023年までに口座開設しなければ使えなくなる制度なので早めに口座を開設しておきましょう。ただし、ジュニアNISAは使わなきゃ損だけど条件があるので優先順位に注意が必要です。
NISA

NISAで株主優待を狙って取引するのは大間違い

「株主優待を狙ってNISA口座で取引しましょう」というのは初心者にわかりやすい謳い文句ですが、株主優待は実は課税対象になります。NISA口座に入れていたとしても課税対象になってしまうのです。くれぐれも株主優待の魅力だけで投資しないでください。NISAと株主優待の関係についてみていきましょう。
NISA

NISAのポートフォリオは課税口座と分けて考える

NISA口座で投資する株をバリュー株や高配当株を条件に探したとき、そのときはきちんとNISA口座で投資するのですが、時間が経つとつい課税口座で投資しようかNISA口座で投資しようか迷ってしまうかもしれません。そんなときのために、ポートフォリオはNISA口座と課税口座とでいったん分けて考えましょう。
NISA

NISAおすすめ投資先はバリュー株と高配当銘柄

NISA口座は投資した商品から得られる利益への課税が非課税になるため、配当金や売買益ができるだけ期待できる銘柄に投資したほうがお得です。このため、NISAおすすめ投資先はバリュー株と高配当銘柄になります。そこで、バリュー株と高配当銘柄それぞれで、NISAおすすめ銘柄を3つずつを紹介しましょう。
NISA

NISAおすすめ銘柄「バリュー株」どう見つける?

「NISA口座は5年間120万円ずつの枠だから積み立てるのに最適です」という謳い文句は率直にいうと間違っています。投資した商品から得られる利益への課税が非課税になるのですから、配当金や売買益ができるだけ期待できる銘柄に投資したほうがお得。そこでNISAおすすめ投銘柄「バリュー株」を見ていきます。
NISA

NISA口座の開設なら取引手数料が無料の証券会社

NISA口座の開設を検討しているなら、まずネット証券での開設を第一候補にしてみてください。ネット証券の中では、NISAでIPOを狙うかどうかで、楽天証券が検討対象に入るかどうかが決まります。楽天証券はIPOに対応していません。さっそく、証券会社ごとのNISA口座の特徴を見ていきましょう。