投資信託でリスクを取って攻めるなら新興国株式

投資信託でリスクを取って攻めるなら新興国株式 投資信託

投資信託を使ってできるだけリスクを取り高いリターンを目標にしたいと思うなら、新興国株式インデックスに投資してみましょう。新興国は成長が期待できる一方、インフラなどが未発達であるため、経済状況の上下が激しくなります。したがってリスクが大きくリターンが大きい部類の投資信託です。

投資信託でリスクを取る新興国株式

投資信託でリスクを取って攻めるなら、新興国株式がおすすめ。「新興国ハイクオリティ成長株式ファンド」でもいいのですが、新興国はインデックスに投資したほうがコストが安いです。

資産のすべてをこれらの投資信託につぎ込むのは危険ですが、40%程度を上限にポートフォリオに含めてリターンを狙ってみるのもアリです。そのうちの3割がブルベア、7割が新興国がお勧めですが、割合は変えてもかまいません。

ちなみに、ブルベアファンドはそもそも値動きが大きくなるように設計されており、リスクがかなり高く、その分リターンが期待できる投資信託です。

新興国株式インデックスは「MSCI エマージング・マーケット・インデックス」というインデックスが有名です。

新興国株式インデックスファンド

モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル社が算出している指標で、中国、韓国、台湾、インド、ブラジルなどの株式価格を使って計算されています。このインデックスに連動するようなファンドに投資するのが新興国株式インデックスファンドです。

新興国株式インデックスファンドを買うなら「eMAXIS新興国株式インデックス」がおすすめ。このほか「EXE-i新興国株式ファンド」「ニッセイ新興国株式インデックスファンド」「たわらノーロード新興国株式」「iFree新興国株式インデックス」などです。

シャープレシオでは、たわらノーロード新興国株式の成績がよいので目につきますが、2年しか実績がないので、長い運用実績があるEXE-iを選択するのもアリです。