学資保険おすすめは返戻率が高い「ソニー生命」

学資保険おすすめは返戻率が高い「ソニー生命」 NISA

学資保険は保険会社が提供する積立型の保険商品。親に万が一のことがあれば、払込が免除になる仕組みがあります。18歳になるまで引き出せないジュニアNISAに投資するより先に、まずは学資保険で教育資金を貯めることが最優先です。そんな学資保険は3タイプから選べて返戻率が高いソニー生命がおすすめです。

学資保険でおすすめがソニー生命

学資保険とジュニアNISAの違いを見てみると、学資保険はリスクに対して万が一の保障があり、満期がある程度選ぶことが可能です。一方のジュニアNISAはリスクと引きかえに利益を得るものであって、18歳になるまで引き出せません。

親に万が一のことがあっても教育資金が残せるのが学資保険です。ジュニアNISAは投資に対して非課税になるのは魅力ですが、当然リスクを取っての投資になります。また18歳になるまで原則引き出せないことが使いづらい点です。

そんな学資保険でおすすめが、ソニー生命の学資保険です。学資金が受け取れるタイミングと満期の年齢に応じて、Ⅰ型からⅢ型までの3つのプランにわかれています。学資金は契約期間中に受け取れる保険金で、満期金は契約満了時に受け取れる保険金のことです。

ソニー生命の学資保険返戻率は?

具体的にはⅠ型プランの場合、満期が17歳または18歳なら学資金は12歳と15歳で満期金は17歳または18歳、毎月払込金額は15,780円、保険料払込総額は1,893,600円、返戻率は101.30%。満期が20歳または22歳なら学資金12歳と15歳と18歳で満期額は20歳または22歳、毎月15,780円、総額1,893,600円、返戻率は104.10%です。

Ⅱ型プランの場合、満期が17歳または18歳なら学資金なしで満期金は17歳または18歳、毎月払込金額は16,000円、保険料払込総額1,920,000円、返戻率は104.10%。満期が20歳または22歳なら学資金は18歳で満期期は20歳または22歳、毎月16,000円、総額1,920,000円、返戻率は107.30%となります。

Ⅲ型プランの場合は、満期が22歳なら学資金は18歳~21歳まで毎年で満期金は22歳、毎月払込金額は15,532円、保険料払込総額は1,863,840円、返戻率は107.30%です。ソニー生命の学資保険はサイトにアクセスするとすぐに問合せや相談が可能。ネットから申し込みもできます。