NISAおすすめ投資先はバリュー株と高配当銘柄

NISAおすすめ投資先はバリュー株と高配当銘柄 NISA

NISA口座は投資した商品から得られる利益への課税が非課税になるため、配当金や売買益ができるだけ期待できる銘柄に投資したほうがお得です。このため、NISAおすすめ投資先はバリュー株と高配当銘柄になります。そこで、バリュー株と高配当銘柄それぞれで、NISAおすすめ銘柄を3つずつを紹介しましょう。

バリュー株投資のNISAおすすめ銘柄

バリュー株投資でのNISAおすすめ銘柄は「フィット」です。クリーンエネルギー事業と住宅事業を中心として、事業を展開している会社。四国エリアに強みを持ち、太陽光発電関連の収益拡大を狙っています。太陽光発電ビジネスに加えて、「イエテラス」という住宅向けのサービスを展開し将来に期待できる銘柄です。

バリュー株投資でのNISAおすすめ銘柄に「ベルーナ」があります。「ベルーナ」や「ルフラン」といったカタログ通販で女性向けのファッション製品を販売する企業。食品や不動産事業も営んでいます。PBRが少し高いものの、通販需要の拡大が期待できるのでバリュー株に含めました。

もう1つのバリュー株投資でのNISAおすすめ銘柄は「富士通」です。電気製品製造とITソリューション開発でグローバルに事業展開を行っています。PBRが1.28倍と少し高めですが、身近な家電製品からスーパーコンピューター「京」まで、あらゆるIT製品で高いシェアを誇っており、さらなる成長が期待できるでしょう。

高配当株におけるNISAおすすめ銘柄

高配当株で手厚く利益を確保するNISAおすすめ銘柄は「JT」です。配当利回りは4.92%。たばこ事業を主軸に加工食品と医薬品の製造・販売を手掛けます。海外企業のM&Aに力を入れており、海外での売上高は全体の約6割に上ります。増配が続く数少ない企業の一つです。キャッシュフローも多く、株価がイマイチなので割安感があります。

高配当株におけるNISAおすすめ銘柄に「日産自動車」があります。配当利回りは4.7%。フランス企業ルノーの持分法適用会社で、新型車両設計技術や海外工場の増強により、底堅く収益を計上している自動車メーカー。完成検査問題により株価が急落し、戻し途中のためPBRが低めですが、再発防止策が確立されれば株価も回復するでしょう。

もう1つの高配当株のNISAおすすめ銘柄は「青山商事」です。配当利回りは4.03%。スーツの販売着数世界一としてギネスブックに認定されている老舗の紳士服製造販売企業。高いPERを誇りますが、「洋服の青山」を全都道府県に展開している業界最大手企業であり、店舗拡大による収益に期待できます。